横浜市を構成する18行政区の一つである「保土ヶ谷区」は、住宅団地も多く、家族で住んでいる家庭も多い街となっています。東海道五十三次の4番目の宿場町であった「程ヶ谷宿」に由来していることから、随所に歴史的背景を感じる街並みを見かけることがあるでしょう。

そんな保土ヶ谷区の周辺施設や交通利便性について、詳しい内容を紹介していきます。

保土ヶ谷区の周辺施設

保土ヶ谷区の駅周辺には、地域密着型のスーパーが点在しています。有名どころでは、「FUJI保土ヶ谷店やまいばすけっと保土ヶ谷駅東口店」などです。

他にも、中規模のスパーやドラッグストアが隣接しているので、日頃の食品や生活用品の購入に困る心配はありません。

また保土ヶ谷区の特徴として、江戸時代の程ヶ谷宿の面影を残した建物や史跡を感じる場所がいくつかあります。

古くから続く時計屋さんなどの店舗の一角には、昔に使用されていた道具が展示されているなど、「まちかど博物館」として広く一般公開されているようです。

市民利用文化施設の「岩間市民プラザ」など、様々なイベントが開催されている施設もあるので、子供と一緒に参加することで、思い出を残すことができるでしょう。

休日は「ハマのアメ横」と称される松原商店街に訪れるのも良いでしょう。新鮮な食材が安く手に入るため、いつも沢山の人が集まり買い物を楽しんでいる人気のスポットです。

保土ヶ谷区の交通利便性

保土ヶ谷区では、JR横須賀線を利用することができます。しかしあまり路線がないことから、アクセス自体はそこまで良い環境にないと言われているのが特徴です。

ただ相鉄線天王町駅とは、徒歩10分程度の距離感にあるので、2路線2駅利用できる環境にあるのが、保土ヶ谷区の交通事情となっています。

うまく駅を利用していけば、交通利便性も悪くないので、アクセス自体は悪いといった印象はありません。

路線バスも通っているので、街を移動する時には便利です。

保土ヶ谷区の雰囲気

保土ヶ谷区は、全体的にマンションや団地といった閑静な住宅が多いため、比較的のどかな雰囲気があります。

また江戸時代の面影がある街並みは、散策するだけでも文化に触れることができるため、歴史好きにはたまらない環境であると言えるでしょう。

市民利用文化施設の「岩間市民プラザ」では、落語や活弁などの古典芸能を感じることもできるので、街としては昔の文化を大切にする風潮があります。

地域密着型のスーパーが数多く点在しているなど、地域関係が良好な印象もあり、治安も良いので家族で過ごすには良い環境です。

子供の支援拠点事業も実施していることから、子供たちの活気溢れる声も聞くことができます。

比較的のびのびと、家族との時間を大切にできる雰囲気の街です。

保土ヶ谷区の子育てしやすさ

保土ヶ谷区は、地域子育て支援拠点事業として、子供が自由に遊べる広場が点在しています。利用登録することで、無料で使用できることから、「こっころ」と呼ばれる場所は、子供と親がふれあいを楽しむことができる施設です。

またサポートシステムとして、地域の子供を預かってほしい人と子供を預かりたい人を繋ぐ取り組みも行われています。

忙しい共働きの夫婦でも、安心して暮らすことができる環境が整えられているので、子育てしやすい街と言えるでしょう。

まとめ


保土ヶ谷区は、閑静な住宅街を中心とした街となっており、子育て事業に特化した街です。そのため、子育て世代の家族が住む場所としておすすめになります。

ただ交通状況としては、少し不便に感じる部分もあるかもしれません。しかし2路線2駅使用できる環境にあるので、使い方によっては交通の便も悪くはないでしょう。

家族世帯におすすめの街になっているので、一度検討してみてください。

関連記事はこちら


鶴見区についてご紹介

神奈川区についてご紹介

西区についてご紹介

中区ついてご紹介

南区についてご紹介

関連記事はこちら


鶴見区についてご紹介

神奈川区についてご紹介

西区についてご紹介

中区についてご紹介

南区についてご紹介