社員紹介 / 塩満 輝明

工事部 土木管理 課長

塩満 輝明

―ご入社は2007年ということですね。

 それまで10年ほど現場監督として、さまざまな現場を経験していました。民間の造成工事も多く手がけるなか、不動産の仕事に興味を持って、当社の求人に応募したのがきっかけです。入社して思ったのは、土木管理の仕事は、現場監督とはまったく違うということ。ただ、現場経験のスキルは活かせます。
実際、横浜建物では土木管理のメンバーは全員が現場監督経験者です。横浜という、ある程度開発は進んでいるエリアで開発営業が掘り起こしてくる土地というと、開発するのに難易度の高い土地も正直多いです。しかし、現場監督を経験していると、業者に丸投げではなく、自分たちで方向性や方針を考えた上で進めることができる。社内で考えて、揉んだ上で進めていけるのは当社の技術力であり、強みですね。

―土木管理というのは、どういうお仕事でしょうか。

 よく料理に例えています。食材を買おうとして持ち込んでくるのが、開発営業。その食材である土地を見て、われわれが工事費を概算で見積もります。案件により開発設計も加わりますが、開発・造成して商品にするのに十分見合うと判断して、購入すると、何区画取ってどのように開発申請するかを検討し、設計者に依頼します。この段階は、料理で言えば材料の下ごしらえや味付けと言ったところ。開発許可が下りれば、造成業社に見積を依頼、選定して、造成工事を行っていきます。
場合により、近隣説明会も必要ですね。その辺りが調理に当たるもので、造成地が完成し、販売に向けて補足資料というものを作成しますが、これがお品書きといえます。会社としては、その後、住宅をセミオーダーで提供していきますが、土木管理は造成地を完成させるまでに全般的に関わり、土地を販売できる状況にもっていくまでが仕事です。

―横浜建物は、社内の雰囲気はどのような感じなのですか。

 上下関係はあまりない、いわゆるフラットな組織ですね。以前の仕事で発注を受けていた、事業主となる会社は外から見ていてもいろいろ感じることがありましたが、当社は本当に社内も風通しよく、仕事がしやすいです。
不動産業界では一般に、仕入れの部署の力が強くなりがちで、それはやはり案件を持ってくるからなのですが、その際、現場に相談なしに不利な条件でも飲んでしまうようなことがよく行われるんです。当社ではそれもなく、事前に全てオープンに相談されますから、仕事を進める上で気まずいことにもなりませんね。それは当社の、とても良い点です。

―古くからある業界ですから、いわゆる業界慣習として厳しい、きついこともありそうです。

 たしかに昔は、現場監督の仕事でも日曜は休めるけれど、土曜も祭日も仕事するのが当たり前のような業界でした。今は業界全体としても労働環境はだいぶ改善してきているようですが、横浜建物は先代の時代から「家族を大切に」という社風です。完全週休2日ですし、残業も減らせるよう、2代目になってさらにいろいろと見直されています。社内の情報共有ツールとしてサイボウズを導入したり、会議でもプロジェクターを使うなど、皆が仕事しやすい環境整備が着々とされてきていますね。
ですから、新しく入社される人も、経験者・未経験にかかわらず、すぐに馴染んでいけるのではないでしょうか。見て育て、ではなくて、丁寧に教え、指導しようという気持ちも十分ありますから、そこは安心してもらえれば。

―横浜建物で仕事をしていて、良かったと思われることはありますか。

 造成工事を行うに当たっては、近隣の方々に何かしらのご迷惑はかけてしまうものです。それでも近隣への説明やトラブル対応などは、基本的に施工主の役目であって、われわれ事業主としては一つひとつ対応などしないのが業界のスタンダードというもの。
ですが、横浜建物には、そういうところにも自ら気を配って動こうという姿勢があります。近隣説明会も、実は開催の義務まではないのですが、当社ではきちんと行って、その内容を踏まえて施工業社に工事を進めてもらうことに力を入れています。
また、現場で要望があれば、たとえば近隣のお宅の庭木の刈り込みも、こちらの作業と合わせて一緒にして差し上げることもあります。そうしたことに極力対応する、多少費用がかかっても協力するというのが、会社としての姿勢です。それがあるので、働く私たちも気持ちよく仕事を進められるのです。私は前職では施工業者の立場だったわけですが、費用がかかるものまでは、会社はやりたがらないもの。それを厭わない横浜建物は、本当に良い会社だなと思いますね。

―求職者にメッセージをお願いします。

 仕事を長く、継続していくためには「元気で健康」が一番です。やりがいもあり、その分で大変なこともある仕事ではありますが、めげずに楽しくがんばっていきましょう。