社員紹介 / 有馬 慎也

工事部 取締役部長
有馬 慎也

―ご入社の経緯を教えてください。

 もともと宮崎県の出身で、大学は福岡県。大手ゼネコンに就職して、約10年、横浜で現場監督の仕事を中心に行っていました。転職を考えたのは2002年ですが、当時ゼネコンというのは工期が厳しいなど、体質的に残業が多かったんですね。若いうちはよくても、10年経つとそろそろ厳しいなと思うようになりました。また、結婚して社宅住まいでしたが、子どももできて、横浜での生活基盤がしっかりとできていました。それでも、大手だったのでいずれ転勤することになります。この暮らしやすい横浜にずっと住みたいと考え、横浜に根づいた会社に移ろうと決めたのです。
そうして探していて、横浜建物という会社を知りました。それまでの現場監督の経験を活かしながら、さらにステップアップできそうな期待もあり、転職を決めて、すぐ横浜に家を買いました。

―入社されてみて、いかがでしたか。

 大手しか知らなかったので、少数精鋭だと感じたのと、逆に社長のトップダウンで即断即決ができる。時間のかかる稟議の長いプロセスが不要なので、スピード感が新鮮でした。今も規模は安定して変わっていませんし、先代からしっかり指導されてきたやり方も受け継がれています。土木業務に関しては、部長の私の判断で進められるものもありますし、自由度高く仕事できる風土ですね。社内の手続きは進めやすい会社だと思います。
風土としても、フラットでオープン。不動産業ということで、明るく、人付き合いの好きなタイプの人が多いのもあるかもしれません。それでも、仕事を終えて帰る際に、まだ残っている上司の顔色を伺う必要もありませんし、陰口や人を無闇に責めるような雰囲気もありません。仕事上で叱ることはあっても、それはそれ。人間関係の良さは折り紙つきです。

―土木管理のお仕事の、やりがいは何でしょうか。

 造成計画を立て、大きな土地を仕入れても、すんなりと造成できて販売地になるわけではありません。実際は、工事を進めるに当たって何かしら近隣住民の方々から説明を求められたり、反対をされたりと、少なからず大変な過程を経て実現させているわけです。まず近隣からの理解を得て、造成工事に着手できるまでが一つの壁。
そこを超えると、今度はクレームを受けないよう、丁寧に工事を進めていかねばなりませんが、人あってのことですから、机上の計画どおりにはいかないことも多いものです。そこが苦労のしどころであり、うまくいけば喜びになるのです。無事工事を終えられたときの開放感と喜びは、何者にも替えがたいですね。

―仕事される上で、大事にされていることはありますか。

 社内では立場上、工事部だけでなく、全体の流れを注視するようにしています。土地を仕入れて開発し、造成地としてお客さまに提供してご希望を伺いながら住宅を建て、アフターサービスも行っていくと、一貫して手がけるシステムだからこそ、ビジネスとして利益率が高く、また、お客さまに良いものを提供できるわけです。
土木管理としては、特に仕入れを担当する開発営業と密接ですが、社内の部署はそれぞれ大事な業務を担っており、専門でないとできないレベルで行っています。一人ひとりの力が大事で、それをうまく束ね、発揮させられるよう、導きたいですね。

―横浜建物だからこそ、建て主様に提供できる価値というと、何でしょうか。

 社内では立場上、工事部だけでなく、全体の流れを注視するようにしています。土地を仕入れて開発し、造成地としてお客さまに提供してご希望を伺いながら住宅を建て、アフターサービスも行っていくと、一貫して手がけるシステムだからこそ、ビジネスとして利益率が高く、また、お客さまに良いものを提供できるわけです。
土木管理としては、特に仕入れを担当する開発営業と密接ですが、社内の部署はそれぞれ大事な業務を担っており、専門でないとできないレベルで行っています。一人ひとりの力が大事で、それをうまく束ね、発揮させられるよう、導きたいですね。

―非常に、クリエイティブな仕事ですね。

 そこを考える時に、センスが重要なのです。幸い、当社では先代からそうしたものが受け継がれ、引き継がれてきていますから、これからこの仕事に就かれる方にも、得るものが大きいと思います。

―求職者にメッセージをお願いします。

 当社は自由な風土で、社員一人ひとりが趣味を続けられたり、上下関係に縛られずに仕事ができます。このサイズの会社なので、自分の行動に対して、ある程度自分の判断で動ける。つまり、開発営業であれば、今日はどの地域に当たってみようとか、どのルートを当たってみようか。土木設計でいえば、今日はこれについて考えてみようなどと、上司からの指示を待つのではなく、ある程度の方針のなかで、自分で考えて進めることができるわけです。
大手なら3~4年かけてやっと一人前かもしれませんが、当社では意欲があればどんどん独り立ちしていける。その点でも、やりがいがあります。そういうところでやってみたいという方、お待ちしています。