横浜市を構成する18行政区の一つである「西区」は、横浜駅などがあり、周辺地区は「横浜都心」に指定されています。

商業施設が豊富にあり、アクセス良好な環境にあることから、家族世帯にも人気のある街です。

そんな西区の周辺施設や交通利便性について紹介していきます。西区は住みやすい街なのか、詳しく解説していくので参考にしてみてください。

西区の周辺施設

西区にある横浜駅やみなとみらい地区周辺は、横浜市の商業中心地となっていることから、大規模店舗などが多数展開されています。

「高島屋」や少し離れた場所には、繁華街があるので、たくさんの方で賑わっているのが特徴です。

大型ショッピングセンターの「VIVRE」などもあり、若者向けのファッションショップが中には入っています。2023年には「ダイエー」の跡地に「イオン」も完成見込みのため、普段の食品や生活用品を購入する際により便利になるでしょう。

若者向けの施設としては、「Round1」もあります。その近くには、飲食店やカラオケ店も建ち並んでいるので、学生たちで活気が溢れているのも特徴です。

ショッピングモールだけでなく、休日には楽しく遊べる施設もたくさん揃っているのが、西区の魅力と言えるでしょう。

西区の交通利便性

西区にある横浜駅は、横浜の中心駅とも言えることから、6社の鉄道会社が入っています。1つの駅で、これほどの鉄道会社が入っているのは、横浜駅が最多と言われているようです。

路線数も多く、JR京浜東北線やみなとみらい線、横浜市営地下鉄ブルーラインなどがあります。合計で11路線となっていることから、様々な場所にアクセスしやすい環境にあるでしょう。

都内へのアクセス良好という環境でもあるので、東京都内のベッドタウンとしての役割もあります。

西区の雰囲気

西区は、横浜の中心駅があることから、常に人が多い傾向にあります。日中はサラリーマンなど、仕事で通勤する方が多い印象ですが、夜には若者が遊ぶことが多いようです。

特に横浜駅周辺は、カラオケなど遊べる環境が整っていることから、繁華街などは夜に少し治安が悪い印象があります。

ただ基本的には、駅前はショッピングモールなどが多数揃っていることから、主婦の方は買い物が済ませやすく、治安も良い傾向にあるでしょう。

全体的に人が多いことから、人込みが苦手な方には、横浜駅周辺は歩きづらいかもしれません。賑やかな印象が西区にはあります。

横浜の中心駅があるということもあり、様々な場所で開発が進められている印象です。若者が多く、活気がある街になります。

西区の子育てしやすさ

基本的に、保育園や塾は少ない傾向にあります。若者には住みやすい環境ですが、子育て世代には、少し賑やかな環境で暮らしにくいかもしれません。

ただ駅前のショッピングモールなど、買い物に困る心配はないことから、閑静な住宅街に住めば、治安なども気になることはないでしょう。

夜などは多少治安が悪い傾向にあるので、小さいお子様を連れてのお出かけは控えた方が無難です。

東京へのアクセスは良好なので、単身の方に向いている環境と居るでしょう。

まとめ


西区は、横浜の中心駅があることから、多くの方が通勤などで利用されている街です。ショッピングモールなどの施設が多いため、日頃の買い物に困ることはないでしょう。

ただ夜になると、繁華街が騒がしくなる印象があり、若者も多い傾向にあります。そのため、少し治安については心配な部分があるでしょう。

小さなお子様がいる家庭にはおすすめできませんが、単身の方には住みやすい環境が整っていると言えます。

関連記事はこちら


栄区についてご紹介

 

 


旭区についてご紹介

 

 


戸塚区についてご紹介

 

 


川崎市ついてご紹介

 

 


保土ヶ谷区についてご紹介

 

 

関連記事はこちら


栄区についてご紹介

旭区についてご紹介

戸塚区についてご紹介

川崎市についてご紹介

保土ヶ谷区についてご紹介