横浜市を構成する18行政区の一つである「南区」は、人口密度が高く、多くの方が住んでいる街となっています。桜の開花時期には、桜まつりが開催されるなど、地元のイベントも楽しむことができるでしょう。

そんな南区の周辺施設や交通利便性について、詳しい内容を紹介していきます。住みやすさはどうなのか、解説していくので参考にしてみてください。

南区の周辺施設

南区は、横浜の中でも住宅地の割合が高く、賑やかな商店街も残っています。大きなショッピングモールなどはありませんが、昔ながらの商店街や駅近くにはスーパーがあるので、日頃の買い物は便利に済ませることが可能です。

またクリニックなども多く、気軽に診察にしてもらうことができるため、体調を崩しやすい小さいお子様がいる家庭でも住みやすい環境が整っています。

天然温泉の施設など、ちょっとした娯楽を楽しめる施設も多いことから、息抜きしたい時に散策できるのも嬉しい特徴です。

様々な飲食店も点在していることから、休日には家族で一緒に外食を楽しむこともできます。

教育機関や公園も多いので、家族世帯にとっては住みやすい環境が十分に整っていると言えるでしょう。

南区の交通利便性

南区にある京急線弘明寺駅からは、9分で横浜駅にアクセスできるといった、交通の利便性があります。品川駅や渋谷駅にもアクセスすることができるので、都内に行くのも便利です。

南区内を移動する際には、バス便も充実しているので、通勤・通学にも十分活用することができます。

弘明寺駅、吉野町駅では、横浜市営地下鉄ブルーラインを利用することができ、横浜市内を移動する際に重宝されるでしょう。

様々な場所にアクセスしやすい環境にあるので、通勤・通学や遊びに行く時に便利に活用することができます。

南区の雰囲気

全体的に治安が良く、地元の方との距離が近く親しみやすい街です。近代的というよりも、下町の雰囲気が似合う街となっているので、居心地の良さを感じることができるでしょう。

商店街では、活気のある雰囲気で多くの方が買い物をするために足を運んでいます。

小学校などの施設も多く、子供が多いことから賑やかに感じる住宅街もあるでしょう。基本的には、閑静な住宅街となっていることから、静かに子供をのびのび育てたいという方におすすめの街です。

駅は朝と夜に、通勤するサラリーマンの姿を見かけることが多く、夜になると静かになる雰囲気があります。

治安は良いため、トラブルは少ないのですが、お子様がいる家庭では夜遅くの外出は控えた方が良いでしょう。

南区の子育てしやすさ

金沢区は多数の保育園、幼稚園、小学校が点在しており教育環境が充実している環境にあります。

地区センターでは、子育て支援イベントも豊富に実施されているので、子供と一緒に楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

治安も良いことから、小さいお子様がいる家族世帯におすすめの街です。

まとめ


南区は、人口密度が高く、住宅街も多いことから家族世帯に人気の街となっています。保育園や幼稚園などの施設も整っていることから、子育て世代にも暮らしやすい環境が整っていると言えるでしょう。

大型ショッピングモールはありませんが、スーパーや商店街あることから、日頃の買い物に困る心配もありません。

家族世帯には、住みやすい街となっているので、家族で住むところを検討している方にはおすすめです。

関連記事はこちら


栄区についてご紹介

 

 


旭区についてご紹介

 

 


戸塚区についてご紹介

 

 


川崎市ついてご紹介

 

 


保土ヶ谷区についてご紹介

 

 

関連記事はこちら


栄区についてご紹介

旭区についてご紹介

戸塚区についてご紹介

川崎市についてご紹介

保土ヶ谷区についてご紹介