新築一戸建てを購入する場合、初期費用はどれくらいの金額になることが考えられるのでしょうか。新築一戸建てを購入する際には、様々な費用が発生するため、事前に把握して予算を検討することが大切です。

今回は、新築一戸建てを購入する際に、必要な初期費用の種類や内訳について紹介していくので参考にしてみてください。

新築一戸建てを購入する際にかかる初期費用の種類

新築一戸建ては、人生の中でも高い買い物であるため、様々な費用が発生します。購入する際にかかる初期費用はどのようなものがあるのか、初期費用の種類について紹介していきます。

1.手付金

手付金とは、売買契約時や請負契約時に一部先払いで支払う代金のことです。手付金の金額は物件の購入に対して先払いで支払う費用なので、そのまま住宅ローンの頭金として充当できます。

2.印紙税

家を購入する際に行う契約には、印紙税がかかります。印紙税は新築一戸建ての売買契約や請負契約、ローン契約時などにかかってくるので、事前に把握して予算を検討しておきましょう。

3.ローンを借りる時にかかる費用

ローンを借りる時には、借りる場所によってもかかる費用が異なります。考えられる費用としては保証料・事務手数料・融資手数料・保証会社事務取扱手数料・団体信用生命保険料・8大疾病保障などの保険料などです。

ローンを借りる場合には、どのような費用がかかるのか、事前にローンを組むことを検討している銀行や団体、不動産業者などに相談してみる必要があります。

4.登記にかかる費用

新築一戸建てを登記するためにも、かかる初期費用があります。登記にかかる費用として考えられるのは登録免許税や司法書士への手数料などです。

5.火災保険にかかる費用

新築一戸建てを購入する際、住宅ローンを組むには火災保険に加入することが必要です。住宅ローンを組まない場合でも、いざという時に助かる保険なので加入しておいた方が良いでしょう。心配な方は特約にも加入しておくことをおすすめします。

火災保険にかかる費用としては、火災保険料・地震保険料などです。地震保険は任意となっているので、他にも特約に入っておきたいという方は保険会社と相談して、予算の範囲内で検討する必要があります。

6.購入した時にかかる税金

新築一戸建てを購入する際には税金が発生します。考えられる初期費用としては、不動産取得税です。ただ軽減措置があるので、事前に税金が発生するのかどうか確認しておきましょう。

7.物件別にかかる費用

新築一戸建てを購入した時にかかる物件によってはかかる費用が異なります。考えられる費用としては、仲介手数料・固定資産税などの清算費用です。
※弊社の場合、仲介手数料は不要です。

新築一戸建てを購入する際にかかる初期費用の内訳

新築一戸建てを購入する際にかかる初期費用の種類を紹介していきましたが、その中でどれくらいの費用がかかるのか相場と内訳を紹介していくので、参考にしてみてください。

1.印紙税

新築一戸建てを購入する際の契約で発生する印紙税は、1000万円超5000万円以下の場合、売買契約時に1万円、ローン契約時に2万円(銀行により固定から変動などローン内容の切り替えの為の特約を交わす印紙代として+200円が掛かる場合があります)が発生するのが相場です。条件付き土地など土地と建物を分けて契約する場合には、さらに1万円がかかるので参考にしてみてください。
※上記の税額は2014年4月1日~2022年3月31日に作成される契約書に適用。

2.ローンを借りる時にかかる費用

保証料や事務手数料など費用の内容や金額は、ローンの種類や金融機関によって異なりますが、例えばメガバンクで住宅ローンを組むとして、返済期間35年で4000万円借り入れた場合、保証料を一括で支払う際は借入額の約2%が相場なので約80万円、融資手数料は3~4万円程度となります。

3.登記にかかる費用

新築一戸建てを購入する際の登記にかかる費用の内訳は、所有権移転登記、所有権保存登記、抵当権設定登記、表示登記などで司法書士に支払う費用は、物件の内容や依頼する司法書士によって異なりますが一般的な新築一戸建て住宅の場合、45万円~90万円ほど(登録免許税など+司法書士への手数料)が相場です。

4.火災保険

火災保険にかかる費用の内訳は、30万円~40万円が相場です。

5.購入した時にかかる税金

購入した時にかかる税金の内訳としては、不動産取得税ですが軽減措置によって一定の条件を満たせば、新築一戸建ては不動産取得税がかからない、または大幅に安くなります。

6.物件別にかかる費用

物件別にかかる費用の内訳としては、不動産会社へ支払う仲介手数料があります。例えば物件価格が4000万円の場合は4000万円×3%+6万円=126万円が掛かります。
※弊社の場合、仲介手数料は一切不要です。

まとめ

このように、新築一戸建てを購入する際は物件価格とは別に、概ね物件価格の5%程度の初期費用が掛かる(仲介手数料は除く)ので、事前に内容を把握して予算に余裕を持っておくことが大切になります。


住まいのコンサルタント
住宅ローンアドバイザー
川島 直己(かわしま なおき)