憧れの一戸建てを購入する時に注意したいポイントを解説

一生に一度のお買い物と言われる一戸建て住宅。初めての経験で、何に注意すればよいかわからない方が多いはずです。一戸建てを購入する時はどのような点に気を付ければよいのでしょうか。このページでは、購入の流れと各段階での注意点を解説しています。不安を感じている方は参考にしてください。

一戸建て購入の流れと注意点

ケースにより多少の違いはありますが、一戸建て購入の大まかな流れは次の通りです。

1.購入の申し込み

2.重要事項の説明

3.不動産売買契約の締結

4.住宅ローンの申し込み

5.決済と引渡し

それぞれの詳細と注意点を解説します。

購入の申し込み

購入の申し込みは、「物件を購入したい」という意思の表示です。正式な契約ではありません。ケースによっては、数万円程度の証拠金を求められることがあります。基本的に、契約に至らなかった場合は返還されますが、返還を拒まれてトラブルに発展することがあるようです。支払う前に、契約に至らなかった場合の取り扱いを確認しておきましょう。住宅ローンを利用する方は、申し込みと並行して事前審査を受けます。

重要事項の説明

不動産会社などの宅地建物取引士から重要事項の説明を受けます。重要事項とは、物件の概要や売買代金など、一戸建てを購入するにあたり知っておくべき情報です。わからない点があれば、納得できるまで確認しましょう。

不動産売買契約の締結

重要事項の説明を受けてから正式な売買契約を結びます。ここでも、契約内容に納得できることを確認します。当日に確認できない方は、事前に契約書を取り寄せて目を通しておくとよいかもしれません。契約締結と併せて物件価格の5%~10%程度(売主が不動産会社の場合20%が上限)の手付金を支払います。性格は契約内容により異なりますが、一般的には解約手付とされています。買主は、手付金を放棄することで売買契約を解除できます。

住宅ローンの申し込み

続いて、住宅ローンの正式な申し込みを行ないます。事前審査と異なる結果になることがある点に注意が必要です。このようなケースに備えて、売買契約にローン特約(ローンが通らない時にペナルティーなしで契約を解除できる)を入れておくとよいでしょう。融資実行までのスケジュールに問題がないことを確認しておくことも重要です。

決済と引渡し

住宅ローンに通過すれば、残代金を決済します。残代金の決済は、融資を受ける金融機関で行なうことが多いようです。併せて、物件の引渡しも行ないます。具体的な内容は、司法書士による所有権移転登記、鍵の受け渡しなどです。基本的に、決済と引渡しは平日の午前中に行われます。立会が必要になるので、スケジュール調整に注意しましょう。

購入する一戸建てを選ぶ時に注意したいポイント

一戸建てを購入するにあたり注意したいポイントはほかにもあります。物件選びで注意したいポイントは次の通りです。

・立地条件

生活を便利に送れることを確認します。通勤・通学、お買い物のしやすさや周辺施設、治安、地域コミュニティなどをチェックするとよいでしょう。

・間取り

ライフスタイルに合っていることを確認します。子どもが成長してからのライフスタイルや家族の動線などに注意すると検討を進めやすいはずです。

・敷地面積と延べ面積

敷地・建物とも十分な広さがあることを確認します。増築などを予定している方は、建蔽率や容積率を確認しておくとよいでしょう。

一戸建ての購入は注意点を把握してから進める

一戸建てを購入する流れと注意点は以上の通りです。ケースにより異なりますが、購入の申し込みから売買契約の締結まで一般的に1週間程度しか時間を取れません。焦って契約を結ぶと見落としが多くなるので、事前に全体の流れと注意点を把握しておくことが重要です。一戸建ての購入を検討している方は、紹介した情報を参考に事前に準備を進めておきましょう。


住まいのコンサルタント
住宅ローンアドバイザー
吉目木 聖(よしめき たかし)