毎月の電気料金ですが、「もう少し安くならないかな?」とお感じの方は少なくないのではないでしょうか。

2016年4月より事務所や一般家庭などの低電力向けの電力自由化が始まり、どの事業者から電力を購入するか自分で選べるようになりました。

比較サイトなどにより、自分のライフスタイルでは、どの事業者より購入するのが良いか、じっくり検討できます。

そもそも、電力自由化は消費者にとって電力の購入先の選択肢を増やすことにより、事業者間での競争を促し、安定供給や低価格化を目的としています。

よって、電気代は安くなりますが「もっと安くならないかなぁ」とも思ってしまいます。。

一方で基本料金が下がっても、じわじわと再エネ発電賦課金が上昇しており、この賦課金は全国一律で、どの事業者でも同様に電力の使用量に対して負担が発生します。

※気になる方はご自宅の「電気使用量のお知らせ」等をご覧ください。

再エネ発電賦課金とは「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって電力の買取りに要した費用を、電気を使用した一般家庭や事業所、施設などから、電気の使用量に応じて負担するものです。再生可能エネルギー発電の促進、普及を進め、エネルギー自給率の低い日本の対応策の一つです。

電力会社の買い取りを義務としたのは国ですが、買取りに要した費用はみんなで負担します。

ならば、自宅で自ら発電し電力会社に買い取ってもらいましょう!

ここで、当社での太陽光発電の話となりますが、今までは初期費用の負担が大きく断念する方が多かったのですが、今回よりリース方式も選択が可能になります。

ソーラーパネル発電容量による毎月の利用料(10年間)のみの負担で初期費用がなく、発電された電力は自己使用し余剰電力は売電が可能です。

今のところ、売電期間は国の方針により売電開始から10年間と決まっておりますが、試算上毎月の利用料を払っても、もともと発生する電気料金より総負担が下がります。

ここまでは、いいことずくめですが、実はソーラーパネルの最低容量が決まっており、どの現場、どの区画でも設置が可能という訳ではありません。

現状では、対応できない区画の割合が多いです。セミオーダーによりご希望の間取りを優先するか、太陽光発電を優先するかという状況も出てきます。

今回、JR東戸塚駅最寄りの新規大型タウン「ラシット横浜アイムウェル東戸塚」はリース方式でソーラーパネルを設置できる区画を多数ご用意しております。
ご興味をお持ちいただきましたらお問い合わせください。

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー(CFP)
住宅ローンアドバイザー
菅原 秀人(すがわら ひでと)