宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー(CFP)
住宅ローンアドバイザー
菅原 秀人(すがわら ひでと)

住宅の購入にあたり、住宅ローンを利用される方が多いですが、

そもそも住宅ローンの借り入れが可能なのか、何を審査されるのか、

ご不安な方も多いかと思います。

どんな流れ、ポイントで審査されるのかご説明して参ります。

  • 住宅ローンの審査には事前審査と本審査があります。

事前審査は不動産売買契約(建築請負契約)の締結前に審査を受けることが可能で、

限られた情報の中で、住宅ローンの借り入れができそうかの判断が可能となります。

部分的な審査です。

事前審査の承認後に本審査の申し込みが可能となり、総合的な審査となります。

(本審査の申し込みにあたり、事前審査の承認を要さない金融機関・
住宅ローンもあります)

  • 事前審査 審査のポイント(金融機関による審査)

必要書類としまして事前審査申込書とともに、身分証明書(運転免許証・

健康保険証など)・収入証明書(源泉徴収票・確定申告書など)

・購入予定不動産の資料・他の借り入れがあればその明細等となります。

審査のポイントは?

・申込者本人の内容として、年齢・勤務先・勤続年数・年収・雇用形態・家族構成など

・借入金額に関し返済負担率・融資率など

返済負担率:1年間のローンの返済額の合計が年収の何%になるか

融資率:契約価格の何%をローンで賄うか。(自己資金がいくらあるか)

・個人信用情報に関し他の債務の状況や返済履歴など

以上により審査され、承認となりましたら本審査の申し込みが可能となります。

  • 本審査 審査のポイント(保証会社、場合によっては金融機関による審査)

必要書類としまして、住宅ローン申込書、団体信用生命保険の申込書兼告知書・

住民票・印鑑証明書・公的収入証明書として課税証明書等・売買契約書を含む

不動産に関する書類一式。その他追加資料の提出を求められる場合もあります。

審査のポイントは?

提出資料にもとずく事前審査での審査項目の再確認に加え

・申込者本人の健康状態

・不動産の価値の評価など

以上により最終的な審査が行われ、承認となりましたら、

次は住宅ローンの契約となります。

また、金融機関が住宅ローンの審査の際に何を重視しているかを調査した、

国交省のアンケート結果が公表されています。

(http://www.mlit.go.jp/common/001174891.pdf)

(参照:国交省 平成28年度 民間住宅ローンの実態に関する調査 結果報告書)

  • まとめ

住宅ローンの審査は、何を重視して審査を行うかにつきましては共通事項がありますが、

審査基準につきましては、金融機関それぞれの独自の内容となります。

よって、A銀行にて融資が否認されても、B銀行では承認となるケースもあります。

言い換えますと、金融機関は必ず返済していただける方に住宅ローンを利用して

もらいたいわけですが、必ず返済いただける方と判断する基準が異なる為に

上記のようなケースが発生します。

そして、その差が条件の良い住宅ローンを探すポイントともなりえるわけです。

依然低金利な今、お住まい探しを始めるか迷われている方は、

一歩踏み出してみるのはいかがでしょうか。

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー(CFP)
住宅ローンアドバイザー
菅原 秀人(すがわら ひでと)