宅地建物取引士
住宅ローンアドバイザー
多田 剛(ただ つよし)

新居を構える場所が決まり安堵、達成感から気持ちが緩む方が多い
のですが、ここからが本番となります。

ご希望に叶った立地条件の不動産を、
いかに最大限快適な住まいにすることができるかは、
ここで感覚を研ぎ澄まし続けられるかか肝要です。

気を付けなければならないポイントは多岐にわたるのですが、
その中でも今回はエアコンの設置位置についてお話し致します。

室内には当然エアコン用のコンセントは配線されるのですが、
よくよく見るとカーテンレールに干渉しそうだったり、
室外機はどこに持ってくるのか等々気になる要素がいくつか出て来るものです。

これから打合せで電気配線位置を決めるのであれば、
建物図面を見ながら室内のエアコン配置を窓や家具とのバランスを見ながら検討できます。

また、室外機も外観を損なわないよう工夫して配置できる場所を確認できますので、
担当者に相談してみると良いかと思います。

最近では、エアコンの室内機の形状も壁からの出幅が大きくなってきておりますので、
取付位置のコーナーのスペースが十分確保できていれば良いのですが、
カーテンレールとの干渉も注意が必要です。

配置を突き詰めていくと天井埋込型に行き着くのですが、
これは設計段階から検討が必要です。

仕上がりは非常にすっきりしますので、これから建築される場合は、
選択肢の1つとしも宜しいかもしれません。

設置する際の穴あけも重要になります。よく聞く筋交い、
柱に穴をあけてしまったということがないように留意する必要があります。

施工業者さんも注意してやってくれますが、予めエアコンスリーブを
配置しておくとリスクヘッジできます。

メリットは設置施工が容易になることと、
取付作業時の断熱材等壁体内への影響がなくなることが挙げられます。
逆に予め穴をあけてしまいますので、設置するエアコン
のサイズによっては室内側から配管が見えてしまう事もあるかもしれ
ないというデメリットもあります。

賃貸と違い長期間お住まいになるお家ですので、
こだわりを持って設備も配置するのが宜しいかと思います。

担当する営業の真価が問われるのはご契約後のこういった部分にうまく対応できるかですので、
ご契約は物件力と営業マンの提案力も見て決められれば
きっと良いお住まいになるはずです。


宅地建物取引士
住宅ローンアドバイザー
多田 剛(ただ つよし)