住宅ローンアドバイザー
蔭山 良久(かげやま よしひさ)

今回は、私の友人の体験談をお話させて頂きます。

つい最近の話ですが、7年前に知り合った友人から、現在の持ち家の購入を失敗した件から、当社のセミオーダー住宅ラシットに出会うまでの話をされました。

友人は結婚後、3回目の引越しで待望の一軒家を購入したそうです。

本人の要望として、お子様が3人いて、友人はガーデニングが好きなので、部屋の数と庭の広さを第一条件として、その条件に合った中古住宅を購入したそうです。

ところが、いざ引越しの時に何かが違う事に気づいたそうです。

見学の時には、まだ家具等が置いてあり、生活観がありましたが、入居時に何も無い部屋に入り、かび臭い事と水廻りが全て駄目だったそうです。

しかし契約を終えてしまった後なので、何も言えずに住み始めた結果、段々嫌気がさしてきたそうです。

次第に「やっぱり新築に住みたい」との気持ちが膨らみ、そんな時、当社のラシットと出会いがあったそうです。

私が勤めている会社のホームページが気になり、度々記事で購入されたお客様の声の欄を読んでいるうちに、

ラシットで家を購入したい!

と目標が出来たそうです。

たまたま友人から話しをされましたが、ホームページをご覧になって、同じ様な気持ちの方もいらっしゃるのではないかと思います。

お住まい探しをされている皆様には、住宅購入を失敗しないよう、私が今までの経験を基に、しっかりとアドバイスさせて頂きます。


住宅ローンアドバイザー
蔭山 良久(かげやま よしひさ)