宅地建物取引士
住宅ローンアドバイザー
小薗 将(こぞの しょう)

今回は営業の小薗 将(こぞの しょう)が 「団体信用生命保険(だんたいしんようせいめいほけん)」についてお話しさせていただきます。

「団体信用生命保険」とは、この業界では、「団信(だんしん)」と略して呼ぶことが多いのですが、簡単に言いますと、住宅ローン専用の生命保険のことです。

お家を購入する時には、住宅ローンを組む方がほとんどだと思います。購入と同時に多額の借金をかかえるわけです。借金をかかえた状態で、借りた人に万が一のことが起きたら、残された人はどうなるの?というリスクを補う保険です。

団信に加入していれば、住宅ローンの債務者が亡くなった時や、高度障害状態になった時に、ローンの残金分の保険金が金融機関に支払われ、住宅ローンを清算することができます。

住宅ローンを組む場合、この「団信」の加入が条件になっている金融機関がほとんどです。

保険料は、一部の金融機関やフラット35を除き、住宅ローンの金利に含まれているため、別途保険料がかかるわけではありません。

ただし、生命保険ですから加入するには当然、健康状態の告知義務があります。なかには、家を買いたいけれど、お体に不安があり、団信に加入できない、つまり住宅ローンを組めない方もいらっしゃいます。

なるべくお体の不安の少ない若いうちに、住宅を購入するというのも一考の価値があるかもしれません。

また、住宅を購入し、「団信」に入るということは、万が一の時に残された方の住宅費用が確保されるということです。入っている生命保険の保障額に住宅費も含まれているなら、保険を見直すことをお勧めします。

見直すことにより月々の支払が下がり、生活が楽になるケースも多々ありますので、既に住宅を購入されている方は一度ご検討ください。

またこれから住宅購入を考えている方も、頭の片隅に置いておいて損はないかと思います。

「団信(だんしん)」は、忘れがちな方も多いですが、住宅を購入する上では結構大事なことです。

通常の「団信」だけでなく、三大疾病付、七大疾病付、八大疾病付など、いろいろな種類も出てきております。住宅の購入を機にどのような「団信」に入るのか、家族で一度話してみてもいいかもしれません。

分からないことがありましたら、遠慮なく小薗(こぞの)までお尋ねください。


宅地建物取引士
住宅ローンアドバイザー
小薗 将(こぞの しょう)