住宅ローンアドバイザー
黒田 優二(くろだ ゆうじ)

こんにちは、横浜建物「販売営業部の黒田 優二(くろだ ゆうじ)」です。今回は、一戸建てを購入する際の、地盤についてのお話しをさせていただきます。

どんなに頑丈な建物や基礎を建てても、もし地盤が軟弱だと将来的に建物が傾いてしまう恐れや、大地震が起こった際の被害に大きく影響してきます。

建物を建てる際には、まず「地盤調査」を行い、建物を地盤が支えることができるかどうかを調べて、必要があれば「地盤改良」を行うことが一般的です。

「地盤調査」にも様々な方法がございますが、戸建ての場合、「スウェーデン式サウンディング試験(SS式)」という方法が主流です。

建物配置上の各ポイントに、先端がスクリューになったロッドに荷重を掛けて、地面にねじこみ、段階的に25cm単位で何回転したかを記録し、一般に深さが10m程度まで地盤の強さを測定します。このSS式による調査費用は、一般的に5~8万円が目安です。

この調査結果や地形、造成状況などを総合的に判断し、改良が必要な場合、その土地に合った「地盤改良」を行って建物を建てていきます。

この「地盤改良」には主に3種類ありますので、ご紹介させていただきます。

・表層改良
表層の土を抜き取り、土と固化材を混ぜることで、地盤の強度を上げ、支持地盤を作る工法です。
一般的な費用:30万円~60万円程度

・柱状改良
セメントを注入しながら掘削し、土中にコンクリート柱を造り建物を支える工法です。
一般的な費用:70万円~120万円程度

・鋼管杭
鋼鉄の杭を強固な地盤(支持層)まで打ち込む工法です。
一般的な費用:100万円~200万円程度

このように「地盤改良」を行うと、物件価格以外に何百万円単位で費用がかかってくることもございますので注意が必要です。

ちなみに、当社では物件価格に「地盤調査及び地盤改良」費用を含めておりますので、追加で費用がかかることはございません。

また、建物を建てる横浜建物が地盤を保証するのではなく、第三者の会社が地盤調査及び地盤改良を行い、保証を行っております。

お住まいを検討する際は、地盤改良の費用や保証のあり方を担当営業に確認してみましょう。


住宅ローンアドバイザー
黒田 優二(くろだ ゆうじ)