住宅ローンアドバイザー
安齋 周作(あんざい しゅうさく)

こんにちは、本日のテーマ「あると便利!今人気のオプションは何?」は私、安齋 周作(アンザイ シュウサク)がご案内します。よろしくお願いします。

さて、私が日々お客様に当社セミオーダー住宅をご紹介していく中で、さまざまなご要望を受け賜る事があります。発泡ウレタンの断熱材やリビングイン階段、パントリーや屋根裏収納、ウッドデッキなどなど…

ご希望のお家が出来る様、当社ではそれぞれのお客様ごとに担当の設計士がつき、お客様のご要望を伺いながら打合せをしていくのですが、その中で多くのお客様が追加する人気の高いオプションはなんなのか・・・・?

それは『地震にさらに強いお家』にするという事です!

「それだけ?」「地味!」と思われる方がほとんどだと思いますが、平成23年に起きた東北地方太平洋沖地震以降、地震に対しての意識が強まっており、目には見えない部分ではありますが、重要視される方がとても多い人気のオプションになっています。

具体的にどういった施工をするかというと、構造躯体(こうぞうくたい)の部材を増やしたり、梁(はり)を太くする事で、耐震等級1(数百年に一度程度発生する地震の力に対して倒壊、崩壊しない程度の建物)を、最高等級の等級3(耐震等級1で耐えられる地震力の1.5倍に対して倒壊、崩壊しない程度の建物にグレードアップするというものです。

さらに、地震に強いお家になっただけではなく、ざまざまな優遇を受けることができます。

その1 地震保険料がとっても安くなる!

当社で建てる住宅の仕様や規模の場合、年間で約25,000~30,000円の地震保険料が掛かってきます。耐震等級3のお家になると、地震保険料が約40%安くなり、15,000~18,000円程度で加入する事が可能です。
長期で地震保険の加入をお考えの方にとっては大変お得ではないでしょうか!

その2 フラット35の金利引き下げ幅が拡大!!

住宅支援機構と民間金融機関が提携して取り扱う長期固定金利住宅ローン・フラット35の金利が、当初の金利より引き下げられる優遇を最長10年受けることが可能できます。ずっと毎月決まったお支払いをご希望の方は是非ご検討してみてください!

その3 贈与税の非課税枠の拡張!!!

両親や祖父母から、住宅取得等資金の援助を受ける際、通常1,000万円までが非課税となるのですが、耐震等級3にすることによって、1,500万円まで非課税枠が拡張します。

以上の優遇も受けられるため、耐震等級3のオプションはとても人気があります!

目に見えない部分の為、なかなか意識しない部分ではありますが、是非これからご新居をお探しになる際のご参考になれば幸いです。

また、前文でもお伝えしたように、当社ではお客様の家族構成やこだわりに合せて、設備関係や仕様、間取りなどなど、お客様のご要望にお応えできるよう日々努めております。

是非この機会にご相談へお越しください。


住宅ローンアドバイザー
安齋 周作(あんざい しゅうさく)