横浜市を構成する18区の一つである「神奈川区」は、東海道の宿場町である「神奈川宿」から区名が取られたと言われています。

寺社や旧跡が点在していたり、最寄りの東神奈川駅は、交通アクセスが良好です。

そんな神奈川区の周辺施設や交通利便性など、住みやすさについて紹介していきます。家族世帯が気になる子育てのしやすさについても紹介していくので、参考にしてみてください。

神奈川区の周辺施設

旧東海道沿いには寺社などが点在しており、海岸線のほとんどは埋立地で京浜工業地帯の一部となっています。

多数の工業施設や横浜中央卸売市場本場などの施設が集中しているのが特徴です。

東神奈川駅周辺では、駅ビル「シァルプラット」が建っており、惣菜だけでなく手土産なども購入することができます。

他にもイオンスタイルがあるので、日頃の買い物以外にも、休日では家族で買い物を楽しめる環境が整っているでしょう。

特に駅前には、大型商業施設がたくさんあるので、日頃の食品・生活用品などの購入には困ることがありません。

一人暮らしの方であれば、「シァルプラット」や「イオンスタイル」で惣菜などを購入することができ、家族世帯には食品や生活用品が手に入りやすい環境にあるので、充実した環境が整っていると言えるでしょう。

神奈川区の交通利便性

神奈川区の代表的な東神奈川駅では、JR京浜東北線・横浜線が通っています。横浜駅までは1駅という近さであることから、アクセス良好な環境が整っています。

他にも、川崎・品川・新橋・東京といった場所にも、1本でアクセスすることができるので、都心部で働く方のベッドタウンという役割もあるでしょう。

JR横浜線では、新幹線停車駅の新横浜に10分以内にアクセスすることができるので、遠方に出かける時にも、大いに役立ってくれるはずです。

神奈川区の雰囲気

旧東海道沿いは、寺社などが残っていたり、昔ながらの日本の雰囲気が残されています。駅周辺では、サラリーマンや学生が多く、比較的賑やかな印象で、明るい街といった雰囲気です。

「ヨコハマポートサイド地区」では、オフィスビルや高層マンションが建ち並んでいることから、住みやすい環境であることがわかります。

駅周辺は、駅ビルが建っていることから主婦層や若者たちが多く、毎日明るく賑わっている印象があるでしょう。

駅前は大きな道路に面していることから、人通りも車通りも多く、治安も良いといったイメージです。

少し駅から離れると、閑静な住宅街となっているので、少し静かな印象があります。

ただ全体的に治安が良い街であるため、安心して家族で過ごす環境が整っていると言えるでしょう。

また、六角橋商店街や神奈川大学もあり、人情味を感じられる下町としての一面も持っています。

ゆったりした時間の流れを感じられるスポットも多くあるので、散歩や買い物も楽しめるでしょう。

神奈川区の子育てしやすさ

保育園は駅から少し離れた場所に点在しているため、近くの方であれば、小さいお子様を預けることができるので、子育てできる環境が整っています。

駅から少し離れた場所では、「反町公園」があり、子供がのびのびと遊べるスポットです。地元の方の憩いの場所として活用されているので、子供を遊ばせたい時にはおすすめとなっています。

「みなとみらいエリア」では、「ヨコハマアンパンマンこどもミュージアム&モール」があるので、子供が楽しめるアミューズメントも多数存在しているので、家族で一緒に楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

まとめ


神奈川区は、駅前には駅ビルが立ち並んでおり、普段の買い物に困る心配はありません。また都内にアクセスする環境も整っていることから、交通環境も便利です。

子育て環境についても、アミューズメントが多数あるだけでなく、比較的治安が良い環境にあるので、家族世帯で暮らす方にはおすすめになります。

閑静な住宅街もあるので、家族で住みやすい環境にあると言えるでしょう。

関連記事はこちら


栄区についてご紹介

 

 


旭区についてご紹介

 

 


戸塚区についてご紹介

 

 


川崎市ついてご紹介

 

 


保土ヶ谷区についてご紹介

 

 

関連記事はこちら


栄区についてご紹介

旭区についてご紹介

戸塚区についてご紹介

川崎市についてご紹介

保土ヶ谷区についてご紹介